サイトマップ
お問い合わせ

聖徳グループ

TOP > 保育園の概要 > 環境(健康・安全・衛生) > 自然災害・弾道ミサイル等対応

自然災害・弾道ミサイル等対応

弾道ミサイル飛来時における休園等の判断について

聖徳グループ保育園では、市の安全基準に沿って以下のように弾道ミサイル対応を致します。
Jアラート又はマスコミ等を通じて「ミサイルの発射情報・非難の呼びかけ(第1報)」があった場合には、Jアラートの第2報等に基づき、以下の基準を参考に休校等の判断を行ってください。

茨城県ホームページ「防災・危機管理情報 > 危機管理」はこちらから
     
Jアラート情報(第2報以降)等  市判断基準(赤 聖徳グループ対応)
日本の領土・領海に落下する可能性があると判断した場合(注1)
・第2報「直ちに避難することの呼びかけ」
・第3報「落下推定情報」 
休校することが望ましい
(休園)
 日本の領土・領海の上空を通過した場合
・第2報「ミサイル通過情報」
 関東地方を通過(注2)  休校することが望ましい
通過安全確認後開園
(確認が取れるまで自宅待機)
緊急携帯サイトをご確認ください。
 それ以外の地域を通過(注3) 登校させて差し支えない
登園 差し支えなし
日本の領海外に落下した場合(注3)
・第2報「ミサイル通過情報」
  登校させて差し支えない
登園 差し支えなし

(注1)
・この場合は、国が武力攻撃事態として認定し、国民保護措置をとる可能性が高いこと。また、落下場所や弾頭の種類の続報はあっても、
安全と判断することは困難なことから、「休校」することを検討してください。
(注2)
・Jアラートの第2報が「関東地方を通過」したことを伝えた場合は、2~3時間後を目途に、県ホームページで落下物等の情報を掲載しますので、確認してください。通過安全確認が取れるまでは、自宅待機にてご対応ください。
(注3)
・Jアラートの第2報により、関東地方以外の地域を通過した場合や、日本の領海外に落下したことが確認された場合は、本県に影響が無いと考えられますので、「登校」させることを検討してください。
登園中または在園中のミサイル発射事案については、下記判断基準や「平成29年8月31日付保体第899号茨城県教育委員会教育長通知」により、園児の安全確保を第一に対応していきます。

聖徳グループ 弾道ミサイル飛来時における休園等の判断について
PDFはこちら

自然災害における対応について

後日更新します。しばらくお待ちください。